なぐブロ

音楽大好き、ギター大好き、カメラ&写真大好き、デジタルガジェット大好き、美味しいもの大好き、日々の生活の中で気になったもの、興味をもったものを自分なりの視点で取り上げて紹介しています。

フード 生活

蕎麦猪口を愛でる。日々の暮らしの中で江戸の風情と粋きを楽しむ…蕎麦猪口で珈琲を飲む。

投稿日:2020年2月5日 更新日:

蕎麦猪口が好き。

どうも、なぐです。自分の場合いろいろな趣味とか好きなものが多くていろいろ集めたり、集まってきたりして物に埋もれて生活しておるのですが…

その中のひとつが『蕎麦猪口』です。もともと「江戸時代マニア」でして、出来る事なら…タイムマシンがあるなら…ぜひとも江戸時代へ行って、江戸庶民の暮らしをこの目で見てみたい…と思っているくらいでして…

そんな思いの中から江戸時代の雑器としての蕎麦猪口に興味を持ちまして…いろいろ調べたり集めたりしております。蕎麦猪口は実用の為に生まれた器で、絵付けなども素朴でシンプルで飾り気のない実用目的の物が多いですが…そこがイイのです。

庶民の手によって使われてきた器…まさに『実用の美』です。そもそも使うために生まれてきたこの小さな器を愛でて…日々の暮らしの中で使っていこうと言うことです。


蕎麦猪口とは?

もともとはお酒を飲むお猪口や小鉢、湯飲みなどは、すべて「猪口(ちょこ)」と呼ばれていました。なかでも江戸末期に庶民の間でお蕎麦屋さんが流行った頃、頻繁に使用されるようになったのが口径5~8cmくらいの猪口。

そこで、この猪口をお酒を出すのに使われていたお猪口と区別するために「蕎麦猪口」と呼ぶようになったそうです。

蕎麦猪口の口径は今でもだいたい5~8cmくらいで、高台がなく、口へ向けて直線的に広がる形をしているのが特徴です。

蕎麦猪口の原点は白い磁器肌に呉須(藍色)で絵付けされた古伊万里だといわれています。

蕎麦猪口1つで普段の食卓からおもてなしまで、シーンを問わず様々な使い方ができ、いろんな種類のものを集めてみたくなります。


蕎麦猪口で珈琲を飲む。

そこでオススメしたいのが『蕎麦猪口珈琲』です。もともとはお蕎麦のそばつゆを入れるための器ですが、手に馴染む小さなサイズ感と持ち安さ…この器を日々の暮らしの中で使おうと言う事です。いつもの珈琲をコーヒーカップではなく、和の雑器である『蕎麦猪口』に入れて飲む…これが心地よいのです。いつもと違う暮らしのテンションになります。ほっと一息つきたい時に『蕎麦猪口珈琲』です。ちょっとリッチな癒しの時間となります。


蕎麦猪口をお料理の器として使う。

馴染む小さなサイズ感と持ち安さなので、小鉢がわりとしていろいろ使えます。ここで紹介しているのは自分が良く作る一品料理でコンビニなどで売っているサラダチキンをほぐした物を盛り付け、しゃぶしゃぶ用のゴマだれをとろ〜りとかけて刻み葱をのせたもの

冷奴を盛り付けて胡麻味噌のタレをかけたものなど、見栄えも良くて食事のテンションがちょっと盛り上がりますよ。

top

top

-フード, 生活
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

4月13日今日は何の日?:決闘の日

1612年(慶長17年)のこの日、美作の浪人・宮本武蔵と細川家指南役・佐々木小次郎の決闘が、豊前小倉沖の無人島・巌流島(舟島)で行われた。 決闘の日、武蔵は約束の時間を1刻(約2時間)遅れて小船から姿 …

100%のアップルジュースをレンジで2分チンしてスプーン1杯のはちみつを入れたホットハニーアップルは心も体も温まる寒い夜の魔法の薬

ホットハニーアップルは心も体も温まる寒い夜の魔法の薬 どうも、なぐです。実は冷蔵庫に100%果汁のアップルジュースがありまして…さすがに冬の夜のこの寒さの中で冷たいアップルジュースを飲む気にもならなか …

1月28日今日は何の日?:宇宙からの警告の日

1986年(昭和61年)のこの日、アメリカのスペースシャトル「チャレンジャー号」が打ち上げ後、わずか74秒で大爆発を起こし、乗務員7人全員が死亡する惨事となった。 事故の原因は右側の固体燃料補助ロケッ …

10月21日今日は何の日?:関ヶ原の戦い

関ヶ原合戦図屏風(六曲一隻)【部分】 関ヶ原合戦図屏風(六曲一隻)【部分】 関ヶ原合戦図屏風(六曲一隻)【全体】 1600年10月21日、美濃国(現:岐阜県)・不破郡関ヶ原で、 徳川家康 vs 石田三 …

5月25日今日は何の日?:広辞苑記念日

1955年(昭和30年)の5月25日、岩波書店の国語辞典『広辞苑』(こうじえん)の初版が発行された。 『広辞苑』は、1935年(昭和10年)に博文館より発行された『辞苑』(じえん)を改訂したものであっ …

side

なぐ:50代のおじさんです。
音楽、ギター、写真、ガジェットと多趣味で好きなことは夢中になるタイプ。最近は5ヶ月で25kgのダイエットに成功。