なぐブロ

音楽大好き、ギター大好き、カメラ&写真大好き、デジタルガジェット大好き、美味しいもの大好き、日々の生活の中で気になったもの、興味をもったものを自分なりの視点で取り上げて紹介しています。

日記 生活

8月15日今日は何の日?:ウッドストックの日

投稿日:

1969(昭和44)年8月15日、アメリカ・ニューヨーク州で大規模な野外ロックコンサート

ウッドストック・フェスティバル

が開催されました。

15日〜17日までの3日間で約40万人以上もの観客を集め、

  • ジミ・ヘンドリックス
  • ジャニス・ジョプリン
  • サンタナ

などなど、総勢30組の時代を代表する伝説的なアーティストが参加した野外コンサートは、アメリカ音楽史に残る大規模ロックイベントとして今日でも語り継がれております。

ウッドストック・フェスティバル

舞台となったマックス・ヤスガーの農場

30組以上のフォーク歌手やロック・グループなどが出演し、入場者は40万人以上であった。このロック・フェスティバルは、アルスター郡ウッドストックにおけるアート・ムーブメントに関連して名付けられた。近郊のサリバン郡ベセルのロシア系ユダヤ人個人農場主マックス・ヤスガーの息子の了解を得られ、所有する酪農農場が会場となった。この一帯は、「キャッツキルバレー」と呼ばれるアメリカインディアンの共同居住区(保留地ではない)である。

主催者となった若者たちは、ボブ・ディランなど往年の歌手やアーティストたちが暮らすウッドストックに自分たちのレコーディング・スタジオを設立する資金集めの目的で、このロック・コンサートを企画した。当初、1万人から2万人程度の入場者を見込んでいたが、多くの人気ミュージシャンから出演の承諾が得られたことから、事前に18万6000枚のチケットが売れ、当日入場者は20万人を超えると予想された。実際はそれをはるかに上回る40万人以上が詰めかけ、半数以上が入場料金を払わなかったため、事実上無料イベントの様相を呈した。

初回開催の最終日

会場への高速道路は、会場に向かおうとする人々でごった返し、この週末は雨の上に、施設は人が混み合い、参加者は食べ物などを分け合っていた。暴力事件などは報告されていない。

度重なる雨による中断のためプログラムが遅れてしまい、最終日のトリを務めたジミ・ヘンドリックスが登場したのは月曜日の朝、8時30分だった。それまでに帰った人もいて、彼らはヘンドリックスの演奏を見られなかった。この時のヘンドリックスの演奏は、1999年にほぼ全曲がアルバム『ライヴ・アット・ウッドストック』として発表された。マックス・ヤスガーの農場

ウッドストック・フェスティバルは、カウンターカルチャーを集大成した、1960年代のヒューマンビーインと呼ばれる人間性回復のための集会でもあり、音楽イベントとしてのみならず、ヒッピー時代の頂点を示す象徴と捉えられている。

初日の風景

このフェスティバル自体は赤字となったが、レコードと映画化のため、最終的には収益にも結びついた。

ウッドストックの会場では2件の出産があった(人数については諸説あり)。

当時の風景

このコンサートの模様は、『ウッドストック/愛と平和と音楽の三日間』というドキュメンタリー映画として公開された。マイケル・ウォドレー監督、マーティン・スコセッシ編集のこの映画は1970年に公開され、アカデミー長編ドキュメンタリー映画賞を受賞した。

 

Woodstock 1969 Documentary 

 

ウッドストックのジミ・ヘンドリックス

1969年8月に開催されたウッドストック・フェスティバルに、ヘンドリックスは「ジプシー・サンズ&レインボウズ」を従え最終出演者として登場。フィードバックやアーミングなどエレクトリックギターの特殊奏法の限りをつくして、アメリカの国歌「The Star Spangled Banner」を演奏した。この際にヘンドリックスは、爆撃機が空爆を行い民衆が泣き叫び逃げまどう様子を音で再現しており、一般にはベトナム戦争の戦場の様子を現した演奏と言われている。

ジミが登場したのは、ウッドストック最終日のラスト。演奏が始まったのは、18日月曜日の朝9時頃になっていた。大部分の観客が既に帰った後で、聴衆は2万5000人ほどだったと言われています。しかし、ジミの演奏は、鬼気迫るブルースに、どこか天国的な響きが共存していて、音楽の神様が乗り移ったような文句なく素晴らしいものです。ジミヘンはウッドストックの翌年27歳で夭折、短い生涯ながら多数の名演がありますが、ウッドストックこそ生涯最高のライブだと断言します。その全貌を収めたのが「ライブ・アット・ウッドストック」です。

 元々、ジミヘンは、エクスペリエンス時代は自身のギターにドラムとベースのトリオ編成でしたが、ウッドストックでは、ジプシー・サン・アンド・レインボーズと称する新しいバンドで演奏しています。サイドギターと2人のパーカションを含むセクステット編成です。

 そしてロック史上に名を刻む名演の“星条旗よ永遠なれ”です。

 ジミヘンの愛器・フェンダーの白いラージヘッドのストラトキャスターから繰り出される音色は強烈です。トレモロアームのアーミングを駆使し、自身の情熱のままに暑いインプロビゼーションの演奏を繰り広げ音階の壁を易々と越えます。フィードバック奏法によりギターが人間の叫び声の如く語ります。

 国民の誇りであるはずのアメリカ国歌がボロボロに傷ついている…。ここにあるのは、単に一人のアーティストが即興演奏を行ったこと以上に、象徴的な意味があります。その瞬間、疾風怒濤の時代の精神と、ジミヘンのギターが完璧にシンクロしたとしか考えられません。

 仮にウッドストックを代表する演奏を一つだけ選ぶとすれば、ジミヘンの“星条旗よ永遠なれ”ででしょう。

 そして、“星条旗”が圧倒的なエンディングを迎えると、一気に途切れることなく彼の最大のヒット曲“紫のけむり”に突入。音楽的な興奮がピークに達する瞬間です。“紫のけむり”のデモーニッシュな響きは、かつてモーツァルトが単なる聞き心地の良い音楽を拒否し、前人未踏の音楽の地平に足を踏み出した瞬間の飛躍を感じさせます。ジミヘンの指が閃きを即興的に音に紡いでいくのです。

 

Jimi Hendrix The Star Spangled Banner American Anthem Live at Woodstock 1969

 

Jimi Hendrix Purple Haze Live at Woodstock

 

Live at Woodstock : Jimi Hendrix

 

top

top

-日記, 生活
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

4月27日今日は何の日?:哲学の日

紀元前399年のこの日、古代ギリシアの哲学者ソクラテス(紀元前469年頃~紀元前399年)が、時の権力者から死刑宣告を受けて、刑の執行として獄中で毒を飲んで亡くなった。 ソクラテスの最期を描いた『ソク …

6月22日今日は何の日?:「こち亀」がスタート

出典:週刊少年ジャンプ 1976(昭和51)年6月22日、集英社が発行する『週刊少年ジャンプ』に、秋本治著こちら葛飾区亀有公園前派出所がスタートしました。 スタート当初は読み切り漫画として山止たつひこ …

7月21日今日は何の日?:奇兵隊が結成された日

長州奇兵隊の隊士(一部) 1863年7月21日(旧暦:文久3年6月6日)、長州藩・高杉晋作氏らの呼び掛けにより、藩士や武士、庶民などの身分に関係ない有志団体 奇兵隊 が結成されました。 日付に関しては …

蓮【極楽浄土に咲く花】

ヒンドゥー教の神話や聖典には、泥の中から茎を伸ばして花を咲かせるハスの様子が、清らかに生きることの象徴としてたびたび登場します。このイメージは、仏教にも継承されていきます。仏教では、智清や慈悲の象徴と …

4月8日今日は何の日?:ヴィーナスの日

ミロのヴィーナスは、1820年4月8日に小作農であったヨルゴス・ケントロタス(Yorgos Kentrotas)によってオスマン帝国統治下のエーゲ海にあるミロス島で発見された。彼は最初、官吏に見つから …

side

なぐ:50代のおじさんです。
音楽、ギター、写真、ガジェットと多趣味で好きなことは夢中になるタイプ。最近は5ヶ月で25kgのダイエットに成功。