なぐブロ

音楽大好き、ギター大好き、カメラ&写真大好き、デジタルガジェット大好き、美味しいもの大好き、日々の生活の中で気になったもの、興味をもったものを自分なりの視点で取り上げて紹介しています。

日記 生活

9月19日今日は何の日?:子規忌

投稿日:

明治時代の俳人・歌人の正岡子規(まさおか しき、1867~1902年)の忌日。

秋の季語。この日は「子規忌(しきき)」のほかに、辞世の句「糸瓜(へちま)咲て痰のつまりし仏かな」など三句にヘチマが詠み込まれていることから「糸瓜忌(へちまき)」、別号として獺祭書屋主人(だっさいしょおくしゅじん)を用いたことから「獺祭忌(だっさいき)」とも呼ばれる。

 

正岡子規について

1883年(明治16年)11月、東京・新橋での記念写真。前列左より藤野潔(古白)、安長知之、正岡子規、後列左より三並良、太田正躬。

1867年10月14日(慶応3年9月17日)、伊予国温泉郡藤原新町(現:愛媛県松山市花園町)に長男として生まれる。本名は常規(つねのり)。幼名は処之助(ところのすけ)、後に升(のぼる)。父・常尚は松山藩士。母・八重は藩の儒者・大原観山(おおはら かんざん)の長女。

1872年(明治5年)、幼くして父を亡くし家督を相続。外祖父・観山の私塾に通い漢学を学ぶ。少年時代は漢詩や戯作、軍談、書画などに親しむ。1883年(明治16年)、旧制松山中学(現:松山東高等学校)を中退し上京。

東大予備門(後の第一高等学校)に入学し、小説家・夏目漱石(なつめ そうせき)を知る。この頃から和歌や俳句を作り始める。1892年(明治25年)、帝国大学(現:東京大学)国文科を中退。同年、新聞『日本(にっぽん)』の記者となる。

1893年(明治26年)、『獺祭書屋俳話(だっさいしょおくはいわ)』を連載し、俳句の革新運動を開始する。1894年(明治27年)、日清戦争が勃発。翌1895年(明治28年)、従軍記者として中国へ赴くが、その帰路に喀血(かっけつ:血を吐く)。松山に帰郷。

「血を吐くまで鳴く」と言われるホトトギスと結核を病み喀血した自分自身を重ね合わせ、ホトトギスの漢字表記の「子規」を自分の俳号とする。その当時、松山中学で英語教師をしていた漱石の下宿に同居して過ごし、俳句会などを開く。帰京後、長い病床生活に入る。

1898年(明治31年)、歌論『歌よみに与ふる書』を『日本』紙上に発表。根岸短歌会を主催して短歌の革新に努める。根岸短歌会は、後に歌人・伊藤左千夫(いとう さちお)・長塚節(ながつか たかし)らにより短歌結社『アララギ』へと発展していく。

写生文を試み、随筆『墨汁一滴(ぼくじゅういってき)』(1901年)、『病牀六尺(びょうしょうろくしゃく)』(1902年)、日記『仰臥漫録(ぎょうがまんろく)』(1901~02年)などを書く。1902年(明治35年)9月19日、脊椎カリエスにより死去。34歳。東京都北区田端の大龍寺(だいりゅうじ)に眠る。

俳句や短歌、新体詩、小説、評論、随筆など多方面にわたり創作活動を行い、日本の近代文学に多大な影響を及ぼし、明治時代を代表する文学者の一人である。生涯に20万を超える句を詠んだ子規の作品の中で最も有名な句は「柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺」である。没後の1981年(昭和56年)、松山市に「子規記念博物館」が開館した。

なお、俳句雑誌『ホトトギス』は、1897年(明治30年)に子規の友人である俳人・柳原極堂(やなぎはら きょくどう)により松山で『ほとゝぎす』として創刊された。その誌名は子規の俳号にちなみ、後に『ホトトギス』となった。漱石が小説『吾輩は猫である』『坊っちゃん』などを発表したことでも知られる。

 

子規と野球

プレイヤー引退直前の1890年3月末に撮影

子規は日本に野球が導入された最初のころの熱心な選手でもあり、1889年(明治22年)に喀血してやめるまで続けていた。ポジションは捕手であった。

子規の最良の理解者であった河東碧梧桐ですら、彼が他のスポーツにはまったく関心を示さなかったのに、ベースボールに限って夢中になったことについては理解できないという風に「変態現象」と呼んだほどであった。

1890年5月17日の一高ベースボール会対明治学院白金倶楽部によるベースボールの試合で「インブリー事件」が起こった際の観客の一人でもあった。0-6と一高が大差をつけられた6回に事件が起こり、試合は中止となった。同年5月の『筆まかせ・第三のまき』に一高の負け方が見苦しい、と書き記している(注:十八日は誤記。十余程というのは実際の得点を意味しない)。

十八日学校と明治学院とのベースボール・マッチありと聞きて往きて観る。第四イニングの終りに学校は巳二十余程まけたり。其まけかた見苦しき至り也。折柄明治学院の教師、インブリー氏学校の垣をこえて入り来りしかば、校生大に怒り之を打擲し負傷せしめたり。明治学院のチャンピオンにも負傷ありければマッチは中止となりたり。

自身の幼名である「升(のぼる)」にちなんで、「野球(のぼーる)」という雅号を用いたこともある。これは、中馬庚がベースボールを野球(やきゅう)と翻訳した4年前の1890年(明治23年)だが、読み方こそは異なるが「野球」という表記を最初に発案した。ただしこれは野球に対する訳語ではなく、あくまで自身の雅号として使っていたものである。実際1896年(明治29年)7月27日付で新聞『日本』に掲載された随筆記事によると、

ベースボール未だ曽て訳語あらず、今こゝに揚げたる訳語は吾の創意に係る。訳語妥当ならざるは自ら之を知るといえども匆卒の際改竄するに由なし。君子幸に正を賜え。

とあり、「バッター」「ランナー」「フォアボール」「ストレート」「フライボール」「ショートストップ」などの外来語に対して、「打者」「走者」「四球」「直球」「飛球」「短遮(中馬庚が遊撃手と表現する前の呼び名)」という翻訳案を創作して提示しているが、ベースボールに対する訳語は提示されていない(野球も参照のこと)。また「まり投げて見たき広場や春の草 」「九つの人九つの場をしめてベースボールの始まらんとす 」などと野球に関係のある句や歌を詠むなどしており、文学を通じて野球の普及に貢献したといえる。また新海非風との連作で、日本初の野球小説と目される『山吹の一枝』を執筆した。これらのことが評価され子規は2002年(平成14年)、野球殿入りを果たした。ちなみに正岡子規の出身である愛媛県には、子規の野球好きにちなんで、野球資料館『の・ボールミュージアム』 がオープンしている。

雅号

子規が晩年の1900年に描いた自画像(国立国会図書館所蔵)

雅号の子規とはホトトギスの異称で、結核を病み喀血した自分自身を、血を吐くまで鳴くといわれるホトトギスに喩えたものである。

また別号として、獺祭書屋主人・竹の里人・香雲・地風升・越智処之助(おち ところのすけ)なども用いた。「獺祭書屋主人」の「獺」とは川獺のことである。これは『禮記』月令篇に見える「獺祭魚」なる一文を語源とする。かつて中国において、カワウソは捕らえた魚を並べてから食べる習性があり、その様はまるで人が祭祀を行い、天に供物を捧げるときのようであると信じられていた。「カワウソですら祭祀を行う、いわんや人間をや」というわけである。そして後世、唐代の大詩人である李商隠は尊敬する詩人の作品を短冊に書き、左右に並べ散らしながら詩想に耽ったため、短冊の並ぶさまを先の『禮記』の故事になぞらえ、自らを「獺祭魚庵」と號した。ここから「獺祭魚」には「書物の散らかるさま」という意味が転じる。「獺祭書屋主人」という號は単に「書物が散らかった部屋の主人」という意味ではなく、李商隠のごとく高名な詩人たらんとする子規の気概の現れである。病臥の枕元に資料を多く置いて獺のようだといったわけである。

その他、随筆『筆まかせ』の「雅号」にて自身が54種類の号を用いていることを示し、さらに多くのペンネームが用いられているとされる。上述の「野球(のぼーる)」もこの中に含まれる。

正岡子規

 

 

 

top

top

-日記, 生活
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【ダイエット】体重計に毎日乗ってはいけません!5ヶ月で25kgダイエットした50代おじさんのノウハウ。

    どうも、50代…押しも押されもしない完璧な『おじさん』のなぐです。 私がウォーキングと食事のバランスを見直すことで25kgのダイエットに成功した記録は先日書いたこちらの記事をぜひお読みください …

なぐ日記:オムツが自販機で買えるようになるらしいけど…それよりもBABYMETALの物販を自販機にすればいいんじゃね…。

どうも、なぐです。今日のネットのニュースで 【飲料大手のダイドードリンコはセコム医療システム(東京・渋谷)や大王製紙と組み、ベビー用紙おむつを売る自動販売機を全国に設置する。】 というニュースをやって …

3月19日今日は何の日?:カメラ発明記念日

3月19日今日は何の日?:カメラ発明記念日   1839年のこの日、フランスの画家・写真家のルイ・ジャック・マンデ・ダゲール(1787~1851年)が写真機を発明した。 この写真機は発明者の名前をとっ …

5月1日今日は何の日?:八十八夜(5月2日頃 雑節)

「八十八夜(はちじゅうはちや)」は雑節の一つで、「立春」(2月4日頃)を起算日(第1日目)として88日目(立春の87日後の日)にあたる。 もともと、太陰暦を基本としている日本の旧暦では暦日と季節が最高 …

5月9日今日は何の日?:上野公園(上野恩賜公園)が開園

上野恩賜公園案内図 1876(明治9)年5月9日、東京・上野に総面積約53万㎡の広大な公園、上野恩賜公園が完成し開園しました。 西郷隆盛像 上野公園は、上野の山と呼ばれる台地と不忍池からなり、個性豊か …

side

なぐ:50代のおじさんです。
音楽、ギター、写真、ガジェットと多趣味で好きなことは夢中になるタイプ。最近は5ヶ月で25kgのダイエットに成功。