なぐブロ

音楽大好き、ギター大好き、カメラ&写真大好き、デジタルガジェット大好き、美味しいもの大好き、日々の生活の中で気になったもの、興味をもったものを自分なりの視点で取り上げて紹介しています。

オーディオ 音楽

BABYMETAL『LIVE AT WEMBLEY』2016年4月2日 日本からやってきた3人の少女達は歴史を刻むべくイギリスの名門ウェンブリーのスーテジに立った…その記録と記憶のライブ音源

投稿日:

 

今まで日本人が誰も成し遂げられなかった偉業を3人の少女達が成し遂げてしまった…。

「LIVE AT WEMBLEY」BABYMETAL WORLD TOUR 2016 kicks off at THE SSE ARENA, WEMBLEY

2016年4月2日…この年のワールドツアーにおける初日、SU-METAL、MOAMETAL、YUIMETALの3人の少女達によって結成されたメタル・ダンス・ユニット BABYMETALはついに日本人アーティストとして初のイギリスの名門SSEアリーナ・ウェンブリーのステージへと立った。

広い会場を埋め尽くしたのは12,000人の聴衆。熱気にむせ返る会場は、彼女達の登場を今か今かと待ち受けている聴衆の歓声が渦巻いている…。そして、オープニングナンバーの『BABYMETAL DEATH』のイントロが流れ始める…さあ歴史的なステージの開幕だ!遠いアジアの国、日本からやって来た3人の少女達の気持ちはどうだったのか…我々には想像すら出来ないが…おそらく物凄い緊張とプレッシャーと戦いながらの必死のステージだったのだと思う…。このアルバムにはその日の歴史的なステージの「音」が刻まれている。日出ずる国からまさに日の出の様に登場した3人の少女達の偉業を貴重なライブ音源として聴こう!

1.「BABYMETAL DEATH」(BABYMETAL DEATH)6:46
2.「あわだまフィーバー」(Awadama Fever)4:19
3.「ヤバッ!」(YAVA!)3:54
4.「GJ!」(GJ!)3:01
5.「ド・キ・ド・キ☆モーニング」(Doki Doki ☆ Morning)3:54
6.「META!メタ太郎」(Meta Taro)4:18
7.「Amore -蒼星-」(Amore)5:32
8.「メギツネ」(Megitsune)5:43
9.「KARATE」(KARATE)4:21
10.「イジメ、ダメ、ゼッタイ」(Ijime, Dame, Zettai)7:03
11.「ギミチョコ!!」(Gimme Chocolate!!)5:14
12.「THE ONE -English ver.-」(THE ONE – English ver. -)10:21
13.「Road of Resistance」(Road of Resistance)12:52

※「いいね!」、「紅月-アカツキ-」、「Catch me if you can」、「4の歌」は未収録。

神バンド(バックバンド)

  • メンバー
    • 大村孝佳 – ギター
    • 藤岡幹大 – ギター
    • BOH – ベース
    • 青山英樹 – ドラムス

このライブ盤の素晴らしさを上げるとキリがないのだが…日本人アーティストとして名門ウェンブリーのステージに立ったということの凄さを改めて感じる。とにかく録音が素晴らしい。神バンドのテクニカルな演奏が生々しく記録されている、ツインバスの嵐の様なキック音、うねるように沈み込むベースライン、空間を切り裂く様なギターソロ、そして何より素晴らしいのがSU-METALの突き抜ける様なパワフルなボーカルがライブ感たっぷりな「音」として記録されているのだ。

聴衆の日本語でのコールも、嵐の様な歓声も…この日の歴史的なステージの記録として刻まれている。

 

『イジメ、ダメ、ゼッタイ』→『ギミチョコ!!』→『The One – English ver.』→『Road of Resistance』への盛り上がり感が半端ない!胸の内に熱いものが込み上げてくる様な感動がある。とにかく強烈に『熱い』のである。12,000人の聴衆が完全に彼女達のステージの虜になっているのがわかる…ギミチョコでの熱いコール&レスポンス…そしてYUIMETALの「Make some noise!」ああ…その声だけでも感動。

『The One』でもSU-METALのパワフルで時に優しく響く歌声の魅力の素晴らしさ…会場が感動の渦に包まれているのが伝わって来る…。

印象的なギターフレーズの『Road of Resistance』で盛り上がりは絶頂に!もの凄いスピード感で突き抜けて行く…SU-METALの「カモン!ウェンブリー」で完全制圧。そしていつもの「シーユー!」ああ…久しぶりに鳥肌が立つ素晴らしいライブアルバムだと思う。

 

top

top

-オーディオ, 音楽
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

カルボ バッソは8.5mmドライバー搭載で低音充実の名機。ロングセラーを続ける大定番

  どうも、日常7〜8本の有線イヤホンを取っ替え引っ替え使っているイヤホン大好き…なぐです。(笑)今日はZERO AUDIOさんの名機カルボテノーレのドライバーサイズを8.5mmにして低音を強化したイ …

【おすすめイヤホン】SoundSOUL XFreeはクリアでバランスの良い鳴りの低価格帯最強コスパの完全ワイヤレスイヤホン2,299円

どうも、日常7〜8本の有線イヤホンを取っ替え引っ替え使っているイヤホン大好き…なぐです。(笑) 今日は、クリアでバランスの良い鳴りで低価格帯最強コスパの完全ワイヤレスイヤホンSoundSOUL XFr …

なぐ日記:夜明け前の青紫の闇の向こうに午前5時の『風をあつめて』が胸にしみた…。はっぴいえんど

1971年11月20日にリリースされた…はっぴいえんどの『風街ろまん』 どうも、なぐです。今日は「はっぴいえんど」のお話…一般的には彼等こそが日本語ロックの夜明け…みたいな言い方をされてますが…この「 …

カルボ テノーレはφ5.78mmという極小ドライバーユニットの可能性を示唆した名機。迷ったらコレを買え!の3,000円代の大定番

どうも、日常7〜8本の有線イヤホンを取っ替え引っ替え使っているイヤホン大好き…なぐです。(笑) 今日はZERO AUDIOさんのφ5.78mmという極小ドライバーユニットのイヤホン カルボ テノーレ& …

Gretsch(グレッチ)ジョージが愛したギターたち…ビートルズの『音(サウンド)』を支えた名器

1960年代はじめにデビューし、その鮮烈なサウンドとマッシュルームカットにスーツという見た目や、自分たちで作詞作曲をして歌うというスタイルで全世界を席巻したレジェンダリーなバンド…The BEATLE …

side

なぐ:50代のおじさんです。
音楽、ギター、写真、ガジェットと多趣味で好きなことは夢中になるタイプ。最近は5ヶ月で25kgのダイエットに成功。