なぐブロ

音楽大好き、ギター大好き、カメラ&写真大好き、デジタルガジェット大好き、美味しいもの大好き、日々の生活の中で気になったもの、興味をもったものを自分なりの視点で取り上げて紹介しています。

オーディオ ガジェット 家電 音楽

3,000円以下で買えるおすすめ有線イヤホン2021年版【徹底比較】

投稿日:

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 3000top2.jpg

どうもイヤホン大好きなぐです。50本以上のイヤホンを所有していて、常に7〜8本のイヤホンを持ち歩いて取っ替え引っ替え使っているイヤホン大好きおやじです。(笑)

みなさんイヤホンを買う時何を重視して選んでいますか?出来れば音が良くて、値段が手頃なやつが欲しいってなっていませんか?当然ですよね。やっぱりイイ音で音楽を聴きたいし、どうせならなるべく安く買いたいと思いますよね。そこで、今回は3,000円以下で買うことが出来る音の良いイヤホンを自分なりにチョイスしてご紹介したいと思います。(一部、3,000円をちょっと越えているものもあります。)今回、ご紹介するイヤホンは全て私が所有していて実際に使っている物ばかりです。音質の評価も個人的な判断で評価しました。でも、音質については人それぞれ感じ方が違うものですので、あくまで参考までに…という事でご理解していただけたらと思います。それでは、3,000円以下で買えるおすすめ有線イヤホン2021年版行ってみましょう!

ZERO AUDIO カルボ テノーレ ZH-DX200-CT

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 5c3e92352dffc7649a37c0098671e9e9-1022x1024.jpg

もはや名機の存在感。クリアでバランスの良さが秀逸。

価格:3,130円(Amazon調べ)

  • φ5.78mm超小型マイクロドライバーユニット搭載表情豊かな中低域再生を得意とする超小型マイクロドライバーユニットを搭載、タイトでバランスよい音を実現。
  • カーボン+アルミハウジング軽量・高強度でかつ制振性にすぐれたカーボン・ファイバーと削り出しアルミニウムの複合強化ボディが不要な共鳴振動を抑制、ドライバーの性能を最大限に引き出す。
  • フレキシブルケーブル伝送ロスが少なくピュアな音源伝送を可能にするOFC(無酸素銅線)を使用したフレキシブルケーブル。

高音部:★★★★★ 中音部:★★★★★ 低音部★★★★☆ 

解像度:★★★★☆ 装着感:★★★★☆

表情豊かな中低域再生を得意とする5.78mm超小型マイクロドライバーユニットを搭載し、タイトでバランスが良い音を実現させたほか、遮音性やフィット感も良好な仕様。カーボン + アルミハウジング:軽量・高強度でかつ制振性に優れたリアルカーボン・ファイバーと削り出しアルミニウムの複合強化ボディが不要な共鳴振動を抑制。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: c41b19965192a11d1f3c80edcd905a6e.png

型式:ダイナミック密閉型 ドライバー口径:φ5.78mm 再生周波数帯域:8~24000Hz 最大入力:150mW インピーダンス:16Ω 出力音圧レベル(感度):102dB プラグ:3.5mmステレオミニプラグ コード:1.2m 質量:3.2g(ケーブル除く) 付属品:シリコンイーピース(S、M、L 各2個)※Mサイズは本体に装着、キャリングバッグ

口コミ

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: bb4f75bd85ebb6de7fc858bc1e179f68.jpg

簡単に書くと●スッキリ感・スピード感・バランスの良さ
低音がやや出過ぎな分はイコライザーで減らせばいいのか、再生機器が貧弱だとこれぐらい盛っている方が適切なのか

3千円クラスのイヤホンだと
・明瞭度が足りずにベールを被った音
・ドンシャリで安っぽい音
になりがちなのですが、1クラス上の音作りをしてます。逆にこれで低音が足りないから同カルボ バッソ210がオススメになるかと思うのですが、これで足りないならゼロオーディオは合わないのではと感じます


画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 05491fd0eeb83687e84506d4d94c765c.jpg

この値段でこの音質なら文句などありません。
小さくて軽くて携帯にも便利です。
普段は1~2万円くらいのイヤホンを数本ローテーションしていますが、気分によって愛用しています。聞き疲れしなく、程よい味付けだと思います。おすすめのイヤホンです!エージングが進み、更にいい感じになってきたの追記させていただきます。なんだか、手の届かなかった昔の高級イヤホンの音質に雰囲気が似てるのかな…などと感じています。学生時代…昭和のころです…今は手持ちがシュアがけイヤホンばかりなので、それ以外の手頃なものというところで重宝しています。イヤーピースはどれも合わなかったので替えました。風が吹くとヒューヒューいいますが、許容範囲です。なにげに登場回数が多いイヤホンです!

 

ZERO AUDIO カルボ バッソ ZH-DX210-CB

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: basso.jpg

カルボテノーレの低音強化版。ロックが気持ち良い。

価格:3,008円(Amazon調べ)

  • φ8.5mmドライバーユニット搭載量感ある豊かな重低音と澄んだ中高域再生を実現するドライバーユニットを搭載、ダイナミックなフォルムから臨場感ある音を実現。
  • カーボン+アルミハウジング軽量・高強度でかつ制振性にすぐれたカーボン・ファイバーと削り出しアルミニウムの複合強化ボディが不要な共鳴振動を抑制、ドライバーの性能を最大限に引き出す。
  • フレキシブルケーブル伝送ロスが少なくピュアな音源伝送を可能にするOFC(無酸素銅線)を使用したフレキシブルケーブル。

高音部:★★★★☆ 中音部:★★★★★ 低音部★★★★★ 

解像度:★★★★☆ 装着感:★★★★☆

量感ある豊かな重低音と澄んだ中高域再生を実現する8.5mmドライバーユニットを搭載し、ダイナミックなフォルムから臨場感ある音を奏でる。カーボン + アルミハウジング:軽量・高強度でかつ制振性に優れたリアルカーボン・ファイバーと削り出しアルミニウムの複合強化ボディが不要な共鳴振動を抑制、ドライバーの性能を最大限に引き出す。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: baso2.jpg

型式:ダイナミック密閉型 ドライバー口径:φ8.58mm 再生周波数帯域:6~24000Hz 最大入力:200mW インピーダンス:16Ω 出力音圧レベル(感度):102dB プラグ:3.5mmステレオミニプラグ コード:1.2m 質量:4.8g(ケーブル除く) 付属品:シリコンイヤーピース(S、M、L 各2個)※Mサイズは本体に装着、キャリングバッグ

口コミ

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: bb4f75bd85ebb6de7fc858bc1e179f68.jpg

高品質・低価格の定番。購入して3年半、こんなに長持ちしたインナーイヤーヘッドフォンは今まで有りませんでした。
音質は上の下くらいだと思うけど、購入価格の3380円と云う値段では明らかにハイコストパフォーマンス。1万円クラスの音質です。
小さく邪魔に感じない軽い本体で、これほど低音と中域の音像まで表現出来るインナーイヤーは貴重です。ZEROのヘッドフォンはこれが初めてですがクリエイティブの同価格帯の製品より遥かに良い音質・品質、ゼンハイザーの8000円クラスの機種にも負けてません。ワイヤレスは電波雑音が入るし気に入らないって人にはイチオシオススメです。現在の価格は3000円以下、この予算なら即買いですね。


画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 05491fd0eeb83687e84506d4d94c765c.jpg

この価格でこの音質なら◎ 主にオフィスで使っております。
安くて音のバランスが良いと評判だったため愛用しております。素人の意見ですが、確かに音は癖が無いように思えます。強いこだわりの無い人でしたら、この商品で十分満足できるかと。ただ、家電量販店で高級イヤホンを試聴したらやっぱり違いがありました。この価格帯としては音質が良い、という評判は間違っていないと思います。耐久性に関してですが、実は過去にも購入した事があって、そのときは頻繁に引っ張ったりした結果、半年弱で断線しちゃいました。タフネスがウリなわけでは無いのですが、できれば安定して1年は使いたいです。今回は期待を込めて星4です。

 

ZERO AUDIO ZERO BASS ZB-03

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: zerob.jpg

迫力の低音と高い解像度のイヤホン

価格:2,500円(Amazon調べ)

  • 迫力のダイナミック・スピーカー。ファインチューンド・ドライバーをマウント。のびやかで繊細なハイレゾ音源を忠実かつ臨場感豊かにあますところなく再現します。
  • バスブーストポート。リアエンクロージャーには精悍なパンチングメタルをまとったバスブーストポートを配置。ゼロのパワフルなベースサウンドをグル―ヴィーに再生します。
  • ベイキングフィニッシュ削り出しフルアルミボディー。制振性に優れた削り出しフルアルミボディーと、その流面フォルムに映えるベイキングフィニッシュの深みある艶やかな輝きが高級感を演出しています。
  • OFCを使用したフレキシブルケーブルによるクリアーな音源伝送。高純度のOFC(Oxygen Free Copper:無酸素銅)を採用。プレーヤーからヘッドホンまでの信号伝送ロスを抑え、音の劣化を防止しました。ケーブル表面にも高級感をもたせ、取り回しの良さにおいても充分な品質を保っています。プレーヤーとの接続部には実用性、耐久性にすぐれたL型プラグを採用しています。

高音部:★★★★☆ 中音部:★★★★★ 低音部★★★★★ 

解像度:★★★★★ 装着感:★★★★☆

艶やかな流面フォルムに、深みのある光沢のフルアルミニウムボディーのスタイリッシュなイヤホン。ファインチューンド・ドライバーをマウントし、のびやかで繊細なハイレゾ音源を忠実かつ臨場感豊かに再現。また、リアエンクロージャーに精悍なパンチングメタルをまとったバスブーストポートを配置。ゼロのパワフルなベースサウンドをグル―ヴィーに再生できる。ボディーは制振性に優れた削り出しのフルアルミニウムで、流面フォルムに映えるベイキングフィニッシュの深みある艶やかな輝き。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: zeob2.jpg
  • 型式:ダイナミック・スピーカー
  • プラグ:3.5mm金メッキ・ステレオ・ミニプラグ「L型」
  • コード:OFCコード1.2m「Y型」 (ワイヤレス非対応)
  • 質量: 4.5g(コード除く)
  • 出力音圧レベル: 104dB / 1mW
  • 再生周波数帯域:6Hz~40,000Hz
  • 最大入力: 200mW

口コミ

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: bb4f75bd85ebb6de7fc858bc1e179f68.jpg

音は低音域がすこし強めのバランス型といった印象を持ちました!ソニーのSONY MDR-XB55Gと比べると低音が弱くなったかわりに、全体的な音域が聞けると言った感じです!音については大変満足です!
見た目もカッコよくいい感じヽ(°ㅂ° )b!1つ気になったのが強度面です!線が細く、少し強く引っ張ったらすぐ断線しそうな感じですwケースにちゃんとしまって保管したほうがいい感じです!!
レビューを見ていて気になったのが、1万や2万くらいするイヤフォン、ヘッドフォンと比べている方々がいるようです!
私もオーディオテクニカの3万ほどする、ヘッドフォンを日頃使っています!それに比べてしまうと物足りなさを感じますが、価格の違いからも比べるべきではないと思いますw
リーズナブルな価格でそれに見合った性能!とても良い製品だと思います!
丁寧に使えば壊れる心配も無さそうです!
※梱包がとても頑丈にされています!乱暴に取ると脱線しそうなやり方で固定されていますので、丁寧にとった方がいいですね!


画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 05491fd0eeb83687e84506d4d94c765c.jpg

重低音のイヤホンが欲しかったため購入しました。
【見た目】写真で見るとアルミ製の割にプラスチック感がありますが、実物は光沢があり、高級感がありました。とてもかっこいいです!
【遮音性】付属のイヤーピースが耳にあまり合わないためか、あまり遮音性は高くありません。イヤーピースを変えることで改善出来ると思います。
【音漏れ】イヤホンのバックの部分に通気口があるため、大音量で音楽を聞くとカナル型ですが、音漏れします。(他のイヤホンでも大音量で聞けばそうなるよね笑)
【音質】肝心な音質ですが、重低音モデルだけあって低音に厚みがあります。それでありながら、低音の細かい部分も鳴らしてくれます。高音に関しては、シャリつきがあり部分的に刺さります(エージングで丸くなると思います)が、低音とバランスの良い音量で鳴らしています。中音も出ているんですが、頑張ってる感が否めません。若干、低音と高音に埋もれています。まあ、重低音モデルなんで低音が強くなるのは当たり前なんですが…シャリが強い、ドンシャリイヤホンだと言えます。
【総合】ロック系音楽好きな人には持ってこいなイヤホン。音質に関して多少否定的な事書きましたが、4000円でこの音はなかなかない高い音質だと思います。コスパ最強です。

 

 

ソニー イヤホン MDR-XB55

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: s1-581x1024.jpg

パワフルな12mmドライバーでベースブースター搭載

価格:2,800円(Amazon調べ)

  • 小型・高感度の独自開発の12mmドライバーユニット
  • からみにくいセレーションケーブル
  • グルーヴ感をダイレクトに伝達するベースブースター搭載
  • 快適な装着感と高音質を両立するアングルドイヤーピース方式を実現
  • ノイズキャンセリング機能無

高音部:★★★★☆ 中音部:★★★★★ 低音部★★★★★ 

解像度:★★★☆☆ 装着感:★★★★☆

グルーヴ感をダイレクトに伝達するベースブースター搭載で、迫力の重低音を実現

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: s2.jpg
型式密閉, ダイナミック型
ドライバーユニット12mm ドーム型(CCAWボイスコイル採用)
感度110dB/mW
マグネットネオジウム
再生周波数帯域4Hz-24,000Hz
インピーダンス16Ω (1KHzにて)
最大入力 *2100mW (IEC)
コード長約1.2m リッツ線Y型
コードタイプY型
入力プラグ金メッキL型 ステレオミニプラグ
質量 *3約8g

口コミ

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: bb4f75bd85ebb6de7fc858bc1e179f68.jpg

【装着感】 
本体は分厚いのに、一度装着したらなかなか外れないので良いです。
装着感は今までのイヤホンで一番良いかもしれません。

【音質】
①低音: けっこうドンドンと鳴ります。十分に満足してます。耳を覆うタイプのヘッドホンに迫る感じです。

②中高音: う~ん、慣れると問題ないのかもしれませんが、
以前使用していたJVCのHA-FX26 (今回のソニー製品の半額以下)のほうが繊細でクリアです。
比べるとMDR-XB55はアナログのような籠った音質でショックを受けました。

【その他】
耳に装着した状態で本体を触るとギシギシと音がします。他社の製品では感じた事がなかったので気になります。
耐久性に関してはソニー製品なので期待はしていませんが数年間は壊れないでほしいです。
とはいえ、装着感の良さと低音の鳴りの良さで満足度は高いです。
これで中高音がクリアなら完璧なんですけどね。(今はイコライザーで中高音を目一杯上げています)


画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 05491fd0eeb83687e84506d4d94c765c.jpg

イヤホンとは思えないほど良い低音が出ます。シャカシャカしていない。高音も聞こえます。
この価格帯でこれだけきれいな音質が出るのはちょっと感動ものかも。きしめんコードと言われてますけどたしかに絡まない。軽くmp3を聞く、軽く映画を見るくらいならこのイヤホンで十分です。いい買い物だと断言しましょう。皮膚が弱いのでウレタンイヤーピースに変えてます。
密閉型ではないのか、結構外の音は聞こえますね。このバスブースター機構の関係でしょうか、日常会話に問題もありません。気になる点はブラックを買ったのにグレーでも選んだか?と思うほど灰色なこと
箱にはブラックと書いてあるのでブラックなんでしょうけど、色はかなり明るめです。
色にこだわりがある人は注意したほうが良いのかも。音はいいのでどうでもいいかもしれませんが。イヤホンはそのうち壊れるものなので、高額商品に手を伸ばすのは嫌だなって人はこのあたりで手を打つのもいいかなと思います
なんだかんだいってもソニーの音へのこだわりは本物だということだと思います。

 

 

final E1000 FI-E1DPLBL

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 41OoZgtmUlL._AC_SL1000_.jpg

クリアでバランスの良いサウンドエントリークラスの新定番

価格:2,064円(Amazon調べ)

  • イヤホンを替えるだけで、大好きなアーティストが耳元でささやき、飽きるほど聴いたイントロが全く違った音楽に聴こえる。そんな心を揺さぶられる経験を若い方々にして欲しい、もっとオーディオを面白いと思って欲しい。そのような思いを込めて、E1000の製品化に踏み切りました。
  • 最新の音響工学、心理学の研究成果を踏まえ、音質設計を行いました。ある部分を強調させるのではなく、サウンド全体を滑らかにする事で高い解像度を実現しました。
  • ライブ会場といってもそれほど広くなく、全体に響く音というよりは楽器から伝わる直接音を中心に聴くような音色です。低音から高音まで、クリアでバランスの良いサウンドですので、特にジャンルを選ぶことなく、楽しく音楽を聴くことができます。
  • イヤーピースを左右に振ることができる、スウィングフィット機構により、耳道の傾きにジャストフィット。イヤーピースの開口部が耳道にあたる事による変形を防ぎます。音がダイレクトに鼓膜に伝わり、クリアな音を実現しています。
  • 断線を防ぐ為に、柔軟で太めのケーブルを採用しました。

高音部:★★★★☆ 中音部:★★★★★ 低音部★★★★★ 

解像度:★★★☆☆ 装着感:★★★☆☆

艶やかな流面フォルムに、深みのある光沢のフルアルミニウムボディーのスタイリッシュなイヤホン。ファインチューンド・ドライバーをマウントし、のびやかで繊細なハイレゾ音源を忠実かつ臨場感豊かに再現。また、リアエンクロージャーに精悍なパンチングメタルをまとったバスブーストポートを配置。ゼロのパワフルなベースサウンドをグル―ヴィーに再生できる。ボディーは制振性に優れた削り出しのフルアルミニウムで、流面フォルムに映えるベイキングフィニッシュの深みある艶やかな輝き。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 61m-UHArL._AC_SL1500_.jpg
  • 筐体:ABS
  • ドライバー:6.4mmダイナミック型
  • 感度:102dB
  • インピーダンス:16Ω
  • 重量:15g
  • ケーブル長:1.2m
  • 付属品:イヤーピース
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 27809ab3-7dfc-4652-8b42-a96d3e813bb6._CR00220220_PT0_SX220__.jpg

音の要、ドライバーユニットは、部品と組立の精度が最重要です。今回採用した小口径6.4φダイナミック型ドライバーユニットは、この価格帯としては異例の高い精度を誇ります。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 0fd0f887-d2d3-42cb-b2ba-465a67480be5._CR00220220_PT0_SX220__.jpg

音導管部分と耳に触れる部分とで硬度が異なる 2 種類のシリコン素材を採用。音導管部分には、耳に触れる部分に比べて硬度が高めのシリコンに溝加工を施すことで強度と柔軟性を両立。

口コミ

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: bb4f75bd85ebb6de7fc858bc1e179f68.jpg

中高生向きに、良い音の初物として作ったとのことで、コストパフォーマンスが高いとのことなので、高校生の息子ように購入し、慣らしの期間、使用した感想です。フラットで、かなり精細な音再現がされているように感じました。特に、女性ボーカルがかなり近めに聴こえ、気持ちよく聴けました。ベース音が強調はされていないようで、ベース音が主体の音楽は、ちょっと迫力に欠け、軽く聴こえます。慣らしが終わり、息子に譲って感想を聞いたところ、これまでAKGのY20を使っていたのですが、かなり良いとの返答でした。若い人の繊細な耳には適しているようで、開発者の狙い通りのイヤホンに仕上がっているのだな、流石、finalと思いました。


画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 05491fd0eeb83687e84506d4d94c765c.jpg

わたしは音の違いなどがよく分からないタイプで、160kbpsのMP3と192kbpsのMP3の違いがかろうじて分かる程度です。
かつて高いイヤホンを購入したこともありましたが、購入後わりとすぐに壊れてしまい(わたしのイヤホンは何故かよく壊れてしまうのです、乱暴に使っているわけではないのですが……)、それ以降は高いイヤホン・ヘッドホンを買うことに抵抗があり、また「音」への情熱もそれほど無く、「悪くなければ良い」程度で、そんな自分からすればこの商品はとてもありがたいです。
いま使っている E1000 が壊れてしまうようなことがあれば、またリピートしたいと思います。

 

 

NICEHCK X49

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: nice.jpg

バランスドアーマチュア型ドライバー1基 カナル型イヤホン 高純度無酸素銅ケーブル付属

価格:2,550円(Amazon調べ)

  • 【メタルハウジング、シングルBA のドライバー構成】クラシックのシングルバランスドアーマシュー配置で、X49のキャビティの内部がBAステントで設計され、BAの安定性を保証します
  • 【プロのアコースティックサウンドチューニング、】 X49の音声の流れが自然で流暢です、更に自然で素晴らしい音を味わえます、超ハイコストパフォーマンス
  • 【純銅のメタル筐体を採用し、ニサイズの筐体、識別輪を特に設計】X49は純銅のメタル筐体を採用し、メッキ工芸によって、表面が滑らかで質感があり、美感度が上がっています;ミニサイズの筐体で、付けると心地よく、ぴったり合っています;体工学設計により、快適な装着感を実現、寝る時やゲームする時のイヤホンとして利用できます;イヤホンの左側で識別輪を特に設計され、暗い環境でも楽に左側あるいは右側を楽に識別できます
  • 【高純度無酸素銅ケーブル付属】3.5mmステレオミニプラグは大多数のスマートフォン、MP3、DAPに対応します、マイク無し/マイク付き オプション選べます

高音部:★★★★★ 中音部:★★★★★ 低音部★★★★☆ 

解像度:★★★★☆ 装着感:★★★☆☆

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: nice2.jpg

1、製品名:NICEHCK X49 バランスドアーマチュア型ドライバー1基 カナル型イヤホン
2、ブランド:NICEHCK
3、モデル:X49
4、イヤホンの種類:カナル型イヤホン
5、ドライバー構成:1BA
6、プラグ:3.5mmプラグ
7.インピーダンス:22Ω
8.感度: 110dB/mW
9.再生周波数帯域:20-20000Hz

口コミ

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: bb4f75bd85ebb6de7fc858bc1e179f68.jpg

今まで低価格帯(〜五千円くらい)のダイナミック1基を色々試してきましたが、音のクリアさ、空気感がいいですね。普段はレビューなど書きませんが正直感動したんで書きました。アンダー三千円でこれは反則ですね。メーカーの本気を感じます。製品の質感も申し分有りません。アーティストの伝えたい鼓動を感じます。お値段もお安いですし、買って損はまずありません。お試しあれ。


画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 05491fd0eeb83687e84506d4d94c765c.jpg

3000円未満で買えるイヤホンでこれほど不満を感じないイヤホンも珍しいと思います。
値段を考慮してのコスパは凄まじいレベルだと感じました。

音の繊細さ、耳に感じる特性は過去に使っていたEtymoticResearchのhf5が一番近い音かな。
ケーブルも本体も劣化でボロボロになるまで使い潰したので記憶にあります。

一言で言えば優しい音。
低音がズンとくる訳でもなく、高域がキンキンもしない。
それでいて変にクセもない音なので特徴の無い平凡な音質に感じます。

出力側にも影響されて、片ch 5mW程度の非力なDAPでは低域が弱くなってか細い音になりますが、出力のしっかりしたヘッドホンアンプを使えば結構強い音になりました。
あと、最近のスマホは若干低音過多な出力をする物もあるので、そういう機器には丁度良かったりします。

 

 

KZ ZSTX

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: zstx.jpg

中華イヤホンの雄・KZの1DD+1BA機の完成形

価格:2,480円(Amazon調べ)

  • 【驚くべき性能の高さ】イヤホン開発における長年の経験から生み出されたKZ ZSTXイヤホンは、1基の高解像度30095のBA(バランスドアーマチュア型ドライバ)ドライバーと10mm二重磁気ダイナミックドライバーによるハイブリッドタイプのカナル型イヤホンです。KZ ZSTのメリットを受け付けて豊かな低音と綺麗なボーカルが際立ち、中低音域が上がります。同程度の価格帯である物と聴き比べると、音の広がり、迫力ともにZSTを圧倒しています。KZ ZSTXは音に余分な着色が加わっていないため、イヤホンでモニターにも近います。
  • ・【全体的特徴 】原音に忠実な再現で、繊細で明確な高域、穏やかで甘い歌声、弾力のある低音と全帯域に渡り高品質な音を体験できます 。
  • 【エージングにより本来の性能を発揮します】 ・100~200時間のエージングにより、購入当初とはまったく別次元の驚くべき音質に進化します。 音域は広くなり、低音・高音の伸びもよくなります。 帯域のバランスはフラットで、ボーカルの定位感・距離感などは見事なものです。 音場はより広く、そして、より臨場感を感じられるようになります。
  • 【本来の性能を更に発揮】正確な伝送を可能にする銀メッキケーブルを採用。 付属ケーブルである銀メッキ線は普通のケーブルに比べ、音の細かさと密度を上げてくれます。Zstxのイヤホン本体の音の特徴や方向性はそのままに、音質面のアップグレードを可能にしました。

高音部:★★★★★ 中音部:★★★★★ 低音部★★★★☆ 

解像度:★★★★☆ 装着感:★★★★☆

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: zstx2.jpg

モデル名:KZ ZSTX イヤホン 高音質
インピーダンス:12Ω
音圧感度:107dB
応答周波数:20Hz-40000Hz

カラー:ブラック/ブルー/シルバー
プラグ :mmcx
1BA+1DD
付属 2pin 銀メッキ リケーブル

口コミ

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: bb4f75bd85ebb6de7fc858bc1e179f68.jpg

ドンシャリの中でもスッキリさがあるイヤホンです。1DD1BAという同じドライバ構成かつ最近発売されたKB EAR KS2と比較すると、低音が締まっており、ボワ付きが無く輪郭が分かりやすいです。高音は強めですね。KZ ZSN Pro(同じく1DD1BA構成)ほどは出ていない為、刺さらない手前くらいでバランスが良いです。全体的に派手な音でドンシャリという表現がピッタリなのでは。
スッキリと気持ち良く聴けます。ビルドクオリティは値段相応といった所でしょうか。内部が透けて見えるのはクールです。強いて言えばロゴがちょっとアレな点が気になるくらい。
ノズルもプラスチックですが、フィルターは割としっかりとした金属製なので、安心感はあります。3000円未満で入手できるのは素直に驚き。
しっかりした楽しい音を、手軽に楽しめるイヤホンです。


画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 05491fd0eeb83687e84506d4d94c765c.jpg

聴き始めて驚きの連続。
¥3,000円を切っているイヤフォンとは思えない音質。
「音を純粋に聴く」ということにフォーカスするなら最高のコスパでしょう。いわゆる「ドンシャリ系」です。
しかし、耳障りなドンドン響くこともなく地を這うように深い低音でアタック感も感じられます。
中音域が高音を潰すこともなくありがちなポコポコいうところもない。
女性ボーカルやバラード系も高音が耳に刺さることありません。某メーカーの完全ワイヤレスも通勤で使っていますが、比較するとZSTXの方が圧倒的に洗練された音が聴こえてきます。
実はよく聴こえて音がモヤっとボヤけていたと驚きました。
値段は桁違いなんですけどね…。またradikoでラジオを聴くのですが、話し声も刺さらず流れる音は輪郭がしっかりしており長時間聴いても疲れることもありません。最後に有線の煩わしさ、ノイキャン、外部音声取り込み等のプラスαが必要な方はそれなりの金額を払ってその機能を付いたものを買うべきです。
あくまで有線イヤフォンで純粋に音を聴くというところがポイントです。

 

 

KZ ZSN

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 51PopvuXbcL._AC_SL1000_.jpg

迫力の低音とクリアな音質。KZの1DD+1BA機エントリークラスの決定版

価格:2,150円(Amazon調べ)

  • KZ ZSNインイヤーヘッドセットを使用すると、微妙な音を聞くことができます。 さらに、精密な金属の職人技と明るい色の樹脂の組み合わせが非常におしゃれになっています。
  • 4層のボイスコイルは、より強いドライバーをもたらします – 1つのダイナミックドライバーと1つのバランスの取れたarmartureハイブリッドが、優れた高音と低音を生み出します。
  • 溝保護設計は、イヤホンのピンを歪みから保護し、その寿命を延ばします。
  • この耐久性のあるワイヤーは、音がスムーズに伝達されるのを許します。
  • KZ ZSNノイズイヤーヘッドフォンの上に隔離するイヤフォンノイズキャンセリング性能を改善します。

高音部:★★★★☆ 中音部:★★★★★ 低音部★★★★★ 

解像度:★★★★☆ 装着感:★★★★☆

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 61dLszVO7mL._AC_SL1000_.jpg

仕様:
感度:104 dB
プラグの種類:3.5 mm
重さ:23±3g
インピーダンス:25Ω
ピンの種類:0.75 mm
着用:耳フック
周波数:20〜40000Hz
行の長さ:125±5 cm

口コミ

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: bb4f75bd85ebb6de7fc858bc1e179f68.jpg

箱出しの時は低音強めのドンシャリでしばらく聴いてると
低音が割れてることに気づきました。
その後50時間鳴らし続けると音割れも無くなり若干低音も押さえられ、更に100時間鳴らし続けたら低音は強いけどコレはコレで悪くないなと聞きやすくなりました。普段テクノを聴いてるので丁度良かったのですが
ボーカルものは声に低音がかぶってる感じで若干低く聞こえます。
低音が強いですがボワボワした感じはありません。
高音に関しては特に刺さることもなければ不足してるわけでも無くキレイに鳴ります。
DDとBAがどのように鳴るのか気になってましたが自然な感じです。使ってて気になったのはケーブルの2股の部分の樹脂が角ばっているので
たまに引っかかったりします。
後これは仕方がないことですが耳の穴の角度のせいでイヤーピースが
うまく入らないことです。この値段でコレだけの音が鳴らせると上のモデルが気になりますね。


画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 05491fd0eeb83687e84506d4d94c765c.jpg

正直、騙されたつもりで購入したのですが、音質の良さにビックリです!
ワイヤレスだと音量をMaxにしても全然満足できなかったけど、このイヤホンは凄い!
このイヤホンだけでも充分満足できますが
ポタアンと組み合わせると
更に最強になります!

 

 

 

3,000円以下で買えるおすすめ有線イヤホン2021年版【徹底比較】まとめ

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 3000top2.jpg

3,000円以下で買えるお手頃価格で更に音が良いおすすめイヤホンをまとめてみました。エントリークラスの価格帯ですが、探してみると音の良いイヤホンもけっこうあるのです。今回ご紹介したイヤホンは実際に自分で購入して使ってみておすすめ出来るイヤホンを選びました。皆さんのイヤホン選びのお役に立てれば幸いです。

 

top

top

-オーディオ, ガジェット, 家電, 音楽
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【おすすめイヤホン】KZ ZSN Proは1DD +1BAの定番ZSNの進化版でBAらしいシャープなキレの良い高音と重心の低い太い低音の入門機2,350円

どうも、日常7〜8本のイヤホンを取っ替え引っ替え使っているイヤホン大好き…なぐです。(笑) 今日は、1DD +1BAのシャープなキレの良い高音質で「迷ったらコレ買っとけ!」な定番中華イヤホン入門機KZ …

【おすすめイヤホン】TOZO T10は美しい筐体デザイン&8mmドライバのクリアで分離の良い高音質な完全ワイヤレスイヤホン3,899円

  どうも、日常7〜8本のイヤホンを取っ替え引っ替え使っているイヤホン大好き…なぐです。(笑) 今日は、美しい筐体デザイン&8mmドライバのクリアで分離の良い高音質な完全ワイヤレスイヤホンTO …

【おすすめヘッドホン】Mpow ヘッドホン H7はクリアで分離の良い高音質&低価格のコスパ最高のBluetoothヘッドホン

  どうも、日常7〜8本のイヤホン、ヘッドホンを取っ替え引っ替え使っているイヤホン大好き…なぐです。(笑) 今日は超おすすめのBluetoothヘッドホンの『Mpow ヘッドホン H7』のレビューです …

final E1000…名門ファイナルの2,000円代のハイレゾ入門機だが解像感が乏しく全域でヌケが良くないサウンド

どうも、日常7〜8本の有線イヤホンを取っ替え引っ替え使っているイヤホン大好き…なぐです。(笑) 今日は名門ファイナルが中高生でも手が届くハイレゾ入門機というコンセプトで出したEシリーズのローエンド機の …

お買い得!50V型液晶テレビはコレだ!2020→2021

年末年始を目前に控え…今年はコロナもあるしお正月は家でのんびりテレビ三昧なんて考えていらっしゃる方も多いと思います。中にはこのシーズンに向けてテレビの買い替えを検討されている方もいらっしゃるのでは? …

side

なぐ:50代のおじさんです。
音楽、ギター、写真、ガジェットと多趣味で好きなことは夢中になるタイプ。最近は5ヶ月で25kgのダイエットに成功。